聖なる予言/本

質問者

妻が新婚旅行(来年3月くらい)でマチュピチュ遺跡を見に行きたいと言っています。個人的にも賛成ですが、せっかくだからマチュピチュ以外にもいろいろ体験したいと思っています。ネットや雑誌の情報を参考にするのも良いですが、高城さんのアドバイスを伺ってみたいと思いました。高城さんなら新婚旅行のメインの目的をマチュピチュにした場合、他にどんなところに行きどんなことをされますか?
この10年のペルーは、南米きっての食どころに成長しました。僕だったら、行きも帰りもリマで良いレストランを、バッチリ予約していきます(実際、今年の2月に訪れた時は、そうしました)。ただし、日系と呼ばれるレストランは、僕らにとって馴染みが深い分、違和感も感じますので、避けたほうが無難です。また、ご趣味にもよるところですが、「ネットや雑誌の情報を参考にする」より、ジェームズ・レッドフィールドの「聖なる予言」程度は、お読みになったほうが良いと思いますね。読後に、「他にどんなところに行きどんなことを」したらいいのか、きっとお感じになるでしょう。ぜひ、良い旅を!

高城剛

紹介されていたこの書籍。出版は1996年。1996年出版で今このページを書いているのが2019年。23年も経過しているにもかかわらず、現時点でAmazon

  • 売れ筋ランキング: 3,203位 ─ 全体
  • 52位 ─ 英米文学
  • 36位 ─ 占い (本)
  • 77位 ─ 角川文庫

となっています。3カテゴリで100位以内。全体でもこのランキングって凄いでね。僕は「売れ続けている本」が好きです。ひとついいの見つけました!Amazonのレビューも高評価で、レビューを見ているだけでもわくわくしてきます。単行本は2,400円とハードカバーっぽい価格、現在は文庫本が出ており、こちらは821円、Kindleは無いみたいなので、ひとまず文庫本をポチってみたいと思います。

出典元 / 高城未来研究所「Future Report」Vol.416

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です