2019年1月時点、Google広告の広告タイプは25種

年が明けたので、クライアントの広告パフォーマンスを年次チェックしようとGoogle広告の管理画面を見ていました。このクライアントは現在ディスプレイ中心で、広告は主に画像広告とレスポンシブ広告を使っています。画像広告とレスポンシブ広告、どっちがパフォーマンスが良かったのか、1年の軸でチェックしようと思ったわけです。

広告タイプでセグメントしたレポートをみるのは久しぶりだったのですが、そのレポートを出そうと思ったときにびっくりしました。広告タイプ、こんなにあるんです。

画像で見えてるのは全部じゃなくて、もう少し下にスクロールがありまして、数えてみたら全部で25種ありました。まだまだ全然使いこなせいて無いです(汗

もっとがんばらないとね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です