ネット広告運用実績/2017年1月23日(月曜日)

CPA目標1,800円のクライアント。目標値の1,800円を下回る運用が続かず苦戦。この日も消化金額8.4万円に対してCV36、CPA目標2,343円とやや赤。費用のウエイトを占めているキャンペーンの成果でその日のパフォーマンスが左右されるのはしょうがないし、キャンペーンをまたいで(認知キャンペーンとリマケキャンペーン)ポートフォリオ運用している感じだから、認知系キャンペーンは目標値を上回ってしまうのは仕方ない。これ、ポートフォリオ型で運用するにしても、認知キャンペーンとリマケキャンペーンは分けて運用したほうがいいのかもしれない。数ヶ月運用しないと分からないので、今年のどこかのタイミングで、例えば456月とかでやってみて、123月とのパフォーマンス差をチェックしてみようか?その後また3ヶ月毎に切り替えしたら、まずまず成果の違いを見ることが出来るだろう。よし施策予定にしよう。

CAP目標6000円のサプリを扱うクライアント。約4万円の消化金額でCV7、CPA5,669円。前日に引き続き6000円前後の運用が出来た。リマケタグが入っていなかった点を整備したことで、AdWordsのユーザーリストにぽつぽつデータが上がってくるようになった。よし、リマケの準備が整いつつあるぞ。CAP目標前後の運用が出来たとはいえ、あるキャンペーンではCV取れて、あるキャンペーンでは0、全体でなんとか数字が合ったような感じ。ということで中身の状況はまだまだ不安定。まあ、CV率1%とすると、100アクセスで1CV取れる確率ってのは60%くらいだから、もっと母数が大きくなっていかないと集計の意味は無いね。自動入札を導入してからCAPは安定しているけど、消化金額が少し落ちているのは懸念点。引き継ぐ前は毎日5万円以上消化していたけど、ここ数日、毎日4万円ほど。CPA値を合わせつつ消化金額を拡大していくのが僕の仕事だ。

ECショップのクライアント。アドエビスの集計ではオーダ12。ちょっとさみしい数字だが、それでも10オーダーあれば月間300ペース。前月度の数字を上回っているので順調と言えるだろう。この日はボスと打ち合わせ。Facebook広告の最適化対象である「ウェブサイトクリック」と「ウェブサイトコンバージョン」のパフォーマンスの違いを資料にしてみた。結果、「ウェブサイトクリック」の方はクリック数を最大化させることが目的のため、クリック単価も低く運用が出来ており、「ウェブサイトコンバージョン」のキャンペーンとはほぼほぼ同じような消化金額でありながら、多くのクリックを獲得出来ていた。しかし、オーダー数には大きな違いがあった。「ウェブサイトコンバージョン」はCPAを最適化させるためのアルゴリズム。すなわち、消化金額内でオーダー数を最大化させることが目的である。このキャンペーン、「ウェブサイトクリック」に比べてクリック単価は高くついているが、オーダー数は圧倒的にこちらのキャンペーンの方が多い。CAP単価は「ウェブサイトクリック」が1500円前後、「ウェブサイトコンバージョン」が800円前後の運用だ。クリックされても売れなかったら意味が無いので、ECショップの場合は「ウェブサイトコンバージョン」で運用するのが適切だろう。このように数字が明確になったので、「ウェブサイトクリック」のキャンペーンは停止。そこに振っていた予算を「ウェブサイトコンバージョン」に振ることにした。これでまた月次の数字が上がることだろう。

サプリを扱うクライアント。クロスドメイントラッキングとeコマース周りの調整を続けているのだけど、連日苦戦中。この辺のトラブルは一発でうまく行かなかったらドツボにハマる感じだ。色々と試しているが思うよな状況にならない。なんとかクリアしたい。

歯科医院のクライアント。求人のキャンペーンをスタートさせたのだが、この日少しインプレッションが入り、クリックも「2」ほど付いていた。クリック単価は298円。まあそんなもんか。紙媒体に出稿したら一発10万とかざら。クリック単価300円としても10万円予算取れれば300クリックほど獲得出来る。このキャンペーンでは最近使えるようになった検索キャンペーンにおいて性別&年齢層をターゲィングして広告を出している。配信エリアもかなり絞っていいるので、クリックするユーザーはかなり医院がターゲットにしているユーザーであることに違いはない。募集に応募があったら効果測定出来るように仕込んでいるので、反応があるかどうか楽しみの一つである。

サプリを扱うクライアント。サプリは薬事の関係などで表現の幅がかなり制限される。このハードルのどのように超えていくかが楽しみの一つであるが、試行錯誤の最中は苦しい期間でもある。この会社は、まさにそんな感じ。少し前から試しているキャンペーン、ぽつぽつクリックが付いてきていること、検索クエリレポートでは、かなり拡張されたキーワードが出てきていることから、色々と着想は広がりそう。とにかく我慢の時期か。

ECショップのクライアント。Facebookピクセルの数が毎日確実に増えてきている。この調子であれば2月上旬にはテストでもキャンペーン稼働させれるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です