体のバランスについて

4月3日に祖母の3回忌があり、実家の岡山に帰りました。親戚一同揃ってわいわい話している際、「そういえばこの前のイチローのインタビュー見た?」みたな話になりました。僕は見ていなかったんだけど、イチローが「ウエイトしすぎて体重ふやすのはよくないよ。虎とかライオンとはウエイトしないでしょ」みたいな話をしてたというのです。

興味があったので、いつか見てやろうと思ってyoutubeで検索してみると出てきました。

インタビューは報道ステーションの番組企画で、稲葉篤紀氏がインタビュアーとなりイチローと話をするというもの。確かに、バランスの話とかが出てきました。

 

さて、興味深かったのがこのyoutubeのコメント欄。イチローの話に対して色々と盛り上がっていました。ひとまず、興味深かったコメントを紹介します。

  • 筋腱複合体という観点から、両方鍛えていけばいいが、腱の発達より筋の発達のが著しく上。 また、体の骨格、部分長から成る身体重心位置、慣性モーメントなどの力学的事項は要は体のバランスと考えられるわけだが、先天的な部分には当然個人差があり、各個人には最適なバランスがあることになる。
  • 仙骨が骨融合するまでに多裂筋への負荷も大事
  • 高飛びのホルムは強化されたアキレス腱で跳んでいます。 http://d.hatena.ne.jp/ken_wood/20080427/g
  • 腱は結合組織でしかないから、筋繊維と違い破壊・修復を繰り返して肥大させる事は出来ません。柔軟などで腱をほぐし、柔らかくする事は可能だけど、元のポテンシャルから引き上げようとする行為は無意味
  • 人間には発達段階で獲得する反射というものでバランス能力を確立しているのですが。。w 例えばピッチャーが投球動作をする時にグローブを持っている手は例外なしに外転運動しますよね?これはCAやCWによるものですがそれもおわかりですか?

引用元

なぜマラソンはアフリカ勢が強いのか?

ある人が「慣性モーメントがどうのこうの」というコメントをしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です