パーマリンクの提案

クライアントさまの新しいブログ(WordPress)を作成しました。作るたびにパーマリンクについて悩みます。この方は普段からWordPressをお使いの方で、ある程度操作には慣れていらっしゃる方です。ログインアカウントをお渡しした翌日にはすでにパーマリンクを初期設定がから変更されていたのですが、個人的には不適切だと感じたので以下のような提案をさせてもらいました。

提案内容

おはようございます。 すでに記事をアップされてますね。

さて、調整した点の1つにパーマリンクがあります。さきほど確認してみると、クライアントさんのほうで設定されていたようですが、/%year%/%monthnum%/%day%/%postname% の形は最適ではありません。

僕もパーマリンクに関してはずいぶ研究しているのですが、なかなか答えが出ません。。。最適なのは投稿毎に英語の名前を設定することのようですが、過去の記事とダブらず、かつ、きれいいな文字列に設定するのは手間がかかります。また、「設定しない」という手もあります。ホリエモンのコンサルをしている永江さんという人のブログは初期設定のままです。
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=23729
この人のブログは月100万PV以上あります。結局、パーマリンクとSEOの影響はさほど無いのかもしれません。

コンテンツマーケティングで成功しているサイトの1つである「ナナピ」も、超シンプルです。
https://nanapi.jp/111565

これらのパーマリンクに優位性があるとしたら、「階層が浅い」ということです。

さて、ブログは時系列の情報の集まりなので、個人的には日付に関した情報をURLに入れることは意味があると思っています。日付を入れることのメリットはサイト移転やブログ統合などの際、URLの変更を極力おさえるコトが出来るコトです。研究の結果、日付を入れるならば投稿「秒」まで入れないとエラーが出るようなので、秒まで入れるとしたら以下の様なパターンが考えれらます。

  1. http://hoge.jp/2015-11-29-232729.html
  2. http://hoge.jp/2015/11/29/232729.html
  3. http://hoge.jp/20151129232729.html
  4. http://hoge.jp/20151129232729/
  5. http://hoge.jp/ポストID (ナナピのスタイル)

最後にhtmlを付けるのは個人的な好みです。 僕個人としては②をよく使いますが、使っていて思うのはGoolge「階層が深い」という状況をネガティブに判定している可能性があるということです。「階層を浅く」で考えると①や③④などが候補になります。

数字だけでいいなら「ポストID」なども考えられますが、ポストIDだとその情報に意味が無いので、個人的には時系列の情報を含ませる方が意味があると思います。まあ、逆に考えると、意味の無い無機質な数字に意味があると考える事も出来ると思いますが。。。

色々と考え、

  • 設定の手間が無い
  • 階層が浅い
  • 認識性が高い

これらの判断から、今回は①のスタイルで設定したいと思いますが、お好みで無ければ③か⑤がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です