築古物件をフルリフォームして販売するプロジェクト

成功報酬案件で、FacebookページとFacebook対応型のブログを制作しました。

中古物件を新築同様のような感じにフルリフォームして販売するプロジェクトです。話があったのが昨年の12月位だったと思います。2012年1月から工事に入って、工期は約一ヶ月。完成後1~2ヶ月で物件をお買い上げ頂ければ最高とのこと。

人生で最も大きな買い物と言われ「家」なので、正直すぐに売れるかどうかは分かりませんが、目標は必要。ということで、「完成後の内覧会に3名来てもらう」という目標を立ててスタートです。

Facebookページのタイトルは「西区己斐の戸建て築古物件をフルリフォーム中 – スマイル不動産」にしました。「スマイル不動産」として作って、長く運営するスタイルが一般的ですが、今回はこのリフォーム物件に対して1つのFacebookページを割り当てた形です。

もちろん、理由があります。

19日から工事がスタートして、2月末には終わる予定のプロジェクト。実質、このFacebookページが稼働するのは一ヶ月ちょっとです。その間に、この己斐の物件に興味を持って下さるような方に「知ってもらう」必要があります。これは広告を使うしかありません。

Facebookページは、Facebook広告を利用して宣伝することが出来ます。

Facebook広告を使ってFacebookページを広告する場合、「広告のタイトルがFacebookページにタイトルになる」というルールがあります。

「広告のタイトル」というのは、インターネットの広告キャンペーンにおいて非常に重要なポイントです。広告のタイトル一つでキャンペーンの成果が大きく違ってきます。今回の場合、もし「スマイル不動産」という広告タイトルが表示されたとして、誰がそのメッセージに興味を持ち、クリックしてくれるでしょうか?考えただけでも恐ろしい・・・。

ということで、Facebook広告を使うことを前提に考え、少しキャッチコピー要素を含ませた形、潜在的にでも、広島で家を探している人に響きそうな形を考え「西区己斐の戸建て築古物件をフルリフォーム中」としたのです。

また、ブログもポイント。

19日から工事が始まり、今の物件が解体され、基礎から作りなおしてのリフォームです。この作業工程をしっかりと写真付きのブログで残していくことは、この家の購入を検討される方にとって、非常に大切なコンテンツとなるはずです。

  • なぜ、基礎を作りなおすのか?
  • なぜ、この梁を残すのか?
  • なぜ、この材料を使うのか?

こうした、こだわりの部分をしっかりと書いていくことが、この物件を気に入ってくれる要因になるはずです。長谷川さんには、こうした部分をしっかりとブログに書いていってもらおうと思います。

そして、ブログとFacebookの連動も重要なポイント。

これは僕の仕事になるのですが、ブログを更新したら、「ブログを更新しました」みたいにして、リンクを貼るみたいな流れがFacebookでは一般的です。このリンクを張った場合に、ちゃんと、記事のタイトル、詳細、画像がしっかりとFacebookへの投稿時に表示されるように調整する必要があります。

ブログにも「いいね!」ボタンやFacebookコメントを設置し、記事に対して「いいね!」をもらえるように作っています。ブログはWordPressを使っています。デザイナはインストール初期状態のモノをベースに、いいね!ボタンなどのソーシャル対応のカスタマイズをしています。

ブログとFacebookを連動させて運営していく一つの参考例になると思います。僕の持つノウハウを全力投球しています。Facebookを使ったマーケティングに関心のある方は、この長谷川さんのブログとFacebookページの使い方を是非追っかけてみて下さい。

また動きがあればアップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です