築古物件のフルリフォーム案件が一段落しました

築古物件をフルリフォームして販売するプロジェクトに携わっていました。ブログの準備やFacebookの活用など、ネット戦略が僕の仕事。このブログでも開始時の様子を書いています。

3月末にやっと完成の目処が付き、先週の土日(4月7日8日)で内覧会が行われました。

開始時の記事に、「完成後の内覧会に3名来てもらう」という目標を立ててスタートしたのですが、結果的に8名の方が内覧にいらっしゃったようで、一応、目標達成というとこでしょうか。

ただ、ちょっと日付が悪かった。

この週末は全国で花見日和。物件はいつでも見れるけど、花見は今だけ。3月は雨が続いた事もあり、予定していたスケジュールで進めれなかったとのことです。

今回僕が携わった事を、備忘録も兼ねて綴ってみます。

  • Facebookページの準備
  • Facebookページのタイトル配慮
  • ブログの準備
  • ブログとFacebookページの連動設定
  • ブログを書いた後の投稿時のアドバイス

スタートした頃は、Facebookページにいいね!をしてくれている、いわゆる「ファン」の数も皆無だし、ブログも新設ということで、何のレスポンスも期待出来ません。この立ち上げ時期に飽きずに記事を更新できるかどうか?ってはのは、初期段階の大きな課題なのですが、長谷川さんは頑張りました。

ほぼ毎日、リフォームの進行状況と、家を買う場合の注意事項や考え方などをアップされました。徐々に物件が出来上がっていき、その様子は細かくブログに公開されました。もし、真剣に物件購入を検討される方がいたとしたら、全部のページを読むはずです。たった一人でも真剣に読んで貰えれば、記事として意味があると思います。

今回失敗した事

プロモーションを進めていくにあたり、個人的には2点ほど失敗というか、最適では無い事象がありました。それは次の2点です。

  • Facebook広告のアカウントがドル建てになってしまった
  • Facebook広告の予算上限の解除に時間がかかった

Facebook広告のアカウントがドル建てになってしまった

Facebookページを作る場合、通常はフェイスブックの個人アカウンでログインし、その個人が管理人となりFacebookページを作成します。また、Facebook広告も同様で、個人アカウントに紐付く形でFacebook広告のアカウントが作成されます。

僕の個人アカウントに紐付けられている広告アカウントは、開設時に特に設定するまでもなく日本円で運用可能であり、アカウントにも「JPY」と書かれています。

広告アカウントは「JPY」と、日本円のアカウントになっている

自分が管理人のFacebookページならそれで良いですが、今回代理人的立場で運営していきます。今回のパートナーである長谷川さんは、昨日、今日の付き合いではないので、僕の広告アカウントで広告を動かして広告費を立替え、後で請求させてもらう形でも良いのですが、今後の事も考えると最適なやり方ではありません。このあたり、仕組みをよく理解する必要があると思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です