優れたパーソナリティ

成功のノウハウをテーマにした本を開けば、そこには数々のルールが書かれています。しかし、本質ともいえる個人の人格に焦点をあてている本というのは意外に少ないのです。どのような目標を達成しようとしているかのかかわらず、他の人からの好意を得ることは、あらゆる局面で僕達の可能性を広げてくれます。

人に好かれることを望むなら、自分自身のパーソナリティがほかの人にとって好ましいものでなければいけません。短い期間に限れば、自分の本当の感情というものを隠しておくことができますが、偽りの仮面はいずれはがれます。

「他人の好かれたいと」いう動機が利己的であったり、「人を利用してやろう」という気持ちであれば、必ずといっていいほどその思いは相手に伝わります。それに対し、本当に積極的で気持ちのいい人ならば、周りの人はあなたに惹きつけられるでしょう。誠実に誠意を持って楽しさや親切心の気持ちを表せば、人も同じように応じてくれるのです。人間は、明るい、思いやりのある人を「好きにならない」ほうがかえって難しいのです。

なりたいと思う人を心に描く

自分がどんな人間になりたいのか、どんな個性の持ち主になりたいのか、それは100%自分で選択できます。1つの方法としては、尊敬できる人を見習い、このような人になりたいを心に決めればいいのです。すると、自分の悪い癖に気づきはじめるでしょう。なお、あまり知られてないことですが、難しいのは、失敗することよりも、手にした成功を持続されることであるということ。優れたパーソナリティを構築することが出来れば、人から敬意を永続的に集めることが出来ます。

下は、ヒル博士が示した「20の悪しき習慣」と「魅力的はパーソナリティの10大要素」です。どれをとっても特に目新しいものではありませんが、だからこそ、日ごろおざなりにしてしまっていることがあるのではないでしょうか?

20の悪しき習慣

  1. 声の調子を無視する
  2. 人の会話をさえぎる
  3. 沈黙が必要なときに話す
  4. 「私は」という言葉を頻繁に使う
  5. 自分をよくみせたり、相手を軽蔑するために失礼な質問をする
  6. 公の場でプライベートなことを持ち出す
  7. 招待されてないところへ出かける
  8. 自慢話をする
  9. 長電話をする
  10. 頼まれもしない得意分野の話をする
  11. 競争を好み、決着をつけたがる
  12. 横柄な態度で他人の依頼を断る
  13. 第三者のいる前で叱り付けたり批判する
  14. 断られたときに逆恨みする
  15. 筋違いの頼みごとをする
  16. 卑俗で乱暴な言葉使いをする
  17. 愚痴や自分の不幸話をする
  18. なれなれしい
  19. 他人の中傷や悪口に夢中
  20. になる他人の業績を過小評価する

魅力的なパーソナリティの10大要素

積極的であることどんな条件でも乗り越えようとする、健全で建設的なメンタリティをもっていること柔軟性があること他人の生き方や考え方を理解できること(相手に対する共感や協調性を含む)正直・誠実・率直であること目的に対して、自分に対して、周囲に対して、正直で誠実であること決断力があること目標、計画をもっている人は、決断を短期間で下すことが出来る。決断力がない人は、目標、計画がない人である。決断力をつけるためには、目標、計画を作成すること礼儀・マナーを守ること他人の権利と人格の尊重、配慮が必要。親しき仲にも礼儀あり。・マナーの真髄は、報酬も求めずに相手に接すること。奉仕すること。気転をきかせれること状況に応じた的確な発言や行動が出来ること声の調子(トーン・リズム)をコントロールしていること声の調子は相手に大きな影響を与える笑顔を心がけていること表情は感情を表す・顔の表情を変えることで、心の状態をかえることができる寛大さがあること意見や習慣の異なる相手に対して、信念や思考を尊重し、公正であること言葉と行動が率直であること心を開いた率直な言動は、相手に安心感を与え、信頼を生む・誤解を生じない工夫をすること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です